動物の睡眠

人間にとって睡眠時間ってとても大切なものですよね。その人にとって最適な睡眠時間というものはあるものの、きっとでも平均的な数字と言うのはあるとおもうのですが・・。もちろん、その時間と言うのは他の動物でも一緒だと思っていた私・・でも、実は違うらしい、と言うのも、その動物によって最適な睡眠時間は全然違ってくるのだとか・・・。

というもの、実はキリンさん・・この子の睡眠時間は1日当たり20分ほど・・・は?20分って・・寝ていないのと一緒じゃん!と思うのですが・・でも、それが最適な時間でもあるし、体の仕組みがそうなっているのだそう・・・というのも、あまりにも寝てしまうと野生のキリンさんは他の動物に襲われてしまう可能性があるので、うかうか寝ていられないのだそう・・・。でも、あんな大きなキリンを襲ってくる動物って・・ごくわずかではないのですかね??そういうわけでもないのかな??でも、確かに、そんなに大きなキリンさんは隠れられはしないような気がする・・・。

でも、この動物とは逆にコアラとかナマケモノと言うのは凄くたくさん眠るらしい・・というのも、1日に20時間・・本当に羨ましい・・・。でも、なんだかそこまで寝てしまうともったいないような気もするのですが・・。でも、思い返してみたら起きているコアラって、動物園では見たことないような気がする。確かに・・・。この理由としては新陳代謝に時間がかかるか何だそ・・・。しかも、このコアラの好きなユーカリと言うのは実は栄養価はとても低いらしい。じゃあなんで食べているのだろうか?(笑)

でもって、怖い分野だと・・ゴキさん。そうゴキブリさんなどの昆虫と言うのは基本的には睡眠時間は取らないとされているのだそう・・。でも、その活動を停止する、だとか、反射の低下という現象はみられるようで、これは睡眠か?とは言われているらしいのですが、立証はされていないのだとか。どうか、ずっと寝ていてほしい・・(涙)