友達の友達や合コンでの出会いと言うようなことでは

結婚相談所、結婚紹介所の婚活パーティーにおいては、出席者の身上調査を確実に行う所が大多数を占めます。初回参加の場合でも、不安なく出てみることが期待できます。
近頃多くなってきた結婚紹介所を、業界最大手だとか、TVCMをしているとかのセールスポイントで決めていませんか?ゴールインしたカップルの割合で選択しましょう。かなり高額の入会金を使って結局結婚できないのでは詰まらない事になってしまいます。
ショップにより企業理念や社風などが別ものなのは真実だと思います。貴殿の考えをよく理解してくれるような結婚相談所を選選定するのが、あなたの願望通りの結婚に至る最短ルートだと思います。
結婚紹介所や結婚相談所ごとに参加する人の年代などがまちまちのため、概して大手だからといって断を下さないで、あなたに合ったショップを見極めておくことを推奨します。
友達の友達や合コンでの出会いと言うようなことでは、出会いのチャンスにも限界がありますが、反対に大手の結婚相談所では、どんどん結婚したいと考えている若者が加わってくるのです。

当節は常備されているカップリングシステム以外に、インターネット上での自己紹介や婚活イベントの催事など、提供機能の分野やその内容が豊富で、低い料金で使える婚活サービスなども現れてきています。
いわゆる婚活サイトで一番利用されるサービスは、やっぱり入力条件による検索機能でしょう。あなたにとって要求する年齢制限や住所、性格といった条件を付ける事により候補を徐々に絞っていくためです。
カジュアルに、お見合いパーティーのような所に出てみたいと考えているあなたには、一緒に料理を作ったり、運動競技を見ながら等の、バラエティーに富んだプログラム付きのお見合いイベントがぴったりです。
手始めに、その結婚相談所のあなたのコンサルタントと、譲れない条件などについての面談タイムとなります。これがまず貴重なポイントです。気後れしていないで願いや期待等について告げておきましょう。
この頃の結婚相談所といったら、婚活ブームの結果構成員の数も延びてきており、通常の男性や女性が結婚相手を見つける為に、懸命に目指す場に変化してきています。

一般的に結婚相談所では、担当のコンサルタントが趣味や好きなものがどういうものか、チェックした上で、抽出してくれるので、独力では出会えなかった素晴らしい相手と、導かれ合うこともないではありません。
堅い人ほど、自分をアピールするのが弱点であることも結構あるものですが、貴重なお見合いの時間にはそんなことは言っていられません。しかるべく宣伝しなければ、次に控える場面には結び付けません。
生涯を共にする相手にかなり難度の高い条件を願う場合は、申し込みの際の審査の合格点が高い大手結婚紹介所をピックアップすることにより、効率の良い婚活に発展させることが予感できます。
今どきのカップリング告知が段取りされている婚活パーティーに出席するなら、閉幕の時間次第で、そのまま相方と2人でちょっとお茶をしたり、食事するパターンが大部分のようです。
いわゆる婚活パーティーが『大人向けの交際場』と世間には捉えられている程ですから、入会するのならある程度のマナーが余儀なくされます。成人としての、平均的な礼儀作法を知っていればOKです。

お試し!PABRATAのカスピ海チーズケーキ・プレミアム

先日、旦那と秋葉原に行く用がありました。
仕事の買い物をするというのでなんとなくついて行ったのです。

仕事、仕事…
余談ですが、トラックの買取査定の評判が良い業者をご存知の方いませんかね。
友達の会社が事業を辞めるので、手持ちのトラックを数台売りたいようです。
私はフリーで仕事をしているので、顔が広いと思って頼ってくれたようですが、如何せん夫婦して車には疎いもので。
そうやんわりお断りしてしまったのですが、なんとなく気になっている今日この頃だったりします。

秋葉原は何度行っても刺激的ですよね。色んな意味で。
旦那は行きつけの店(パソコン系ですよ!)があるのでスイスイと歩いていきます。
なんかいいにおいがするな~と思ったら移動販売車でメロンパンを売っていました。

私は年に一度だけメロンパンを作ります。
従兄の命日にお供えするメロンパンで、自分では食べません。
菓子パンそのものがあまり好きではないし、特にメロンパンは好んで食べたいとは思いません。
それを知っていて旦那が「メロンパン買ってやろうか?」と歩きながら言っていました。
グーでお腹の辺りをパンチしようかと思ったら、チーズケーキの写真が目に入りました。

この箱だけでは何も分かりませんが…(笑)。
既に食べてしまった後なのでご了承ください!
中にはカスピ海チーズケーキ・プレミアムが入っておりました。
移動販売のPABRATAがメロンパンと一緒に売っているもので、侮れない美味しさで驚きました。

旦那も私もそれほどスイーツを好むタイプではなく、食べるとしたら圧倒的に和菓子が多いです。
でも、なんだかこのカスピ海ヨーグルト使用のチーズケーキに惹かれました。
珍しく旦那が「ケーキ買おうか?」と言ったので、遠慮なく買ってもらいました。

ここのチーズケーキは2種類で、もう1つはカスピ海チーズケーキ(プレーン)です。
どちらもカスピ海ヨーグルトとフランス産キリチーズを使用していて、プレーンはベイクドチーズケーキだと思われます。
私たちが買って来たのはプレミアムの方で、フランス産キリチーズがプレーンの2倍も使用されているとか(ノ゚ρ゚)ノ
濃厚でしっとりしていて、カスピ海ヨーグルトのお陰でチーズの濃さが上手に中和されているという感じでした。
まるでチーズそのものを食べているような感じで、私は贅沢にも朝からパンにつけて食べました。
旦那には「朝からケーキって有り得ない…」と白い目で見られましたけどね!

スフレチーズケーキを焼きました。

のんびりながらも、用事が一通り終わったので、ケーキを焼くことにしました。
先日から娘と約束していたスフレタイプのチーズケーキです。
このために、昨日のうちに生クリームを買ってきていたんです。
まずはレシピ検索。
どのレシピがおいしそうかな~など考えながらチェックします。
材料が少なくて焼けるチーズケーキも楽でいいなぁ。
でも、せっかく生クリームを買ってきたからこれを使ったものにしたいかも・・・。
「比較的簡単でよくふくらんで、しぼみにくいスフレチーズケーキ」が焼きたいので、その条件に合いそうなものを根気よく探します。
ケーキ焼くよりこっちの方がいつも時間がかかります(笑)

特にスフレタイプは普段なかなか焼かなくて。
つい簡単な、泡立てのいらないチーズケーキばかり焼いてしまうのです。
でも、娘はケーキ屋さんに売っているようなふわふわのあっさりしたチーズケーキが食べたい様子。
お菓子マスターとしては頑張らねば!
結局、卵白も生クリームも泡立てなくてはいけないレシピをチョイスしました。
これが一番見た目がきれいに仕上がりそうだったんですもん。

まずはクリームの泡立て。
泡立て器でガンガンやりますが、なかなか泡立ちません。
本来は氷水で冷やしながらやるものですもん、常温では厳しいです。
それでもしばらく頑張りましたが、手が疲れたので文明の力に助けていただきました。
じゃじゃ~ん、ハンドミキサー。
ハンドミキサーを使うと多少飛び散るのが気になるのですが、やはり泡立つのは早いです。
クリームを7分立てにしたら次は別のボウルでチーズと卵黄、砂糖を混ぜます。
そしてさらに別のボウルでメレンゲ。
これも当然ハンドミキサー様にご活躍いただきます。

きれいに泡立てたものを順番に混ぜ合わせてオーブンで湯せん焼き。
泡を潰さないように混ぜるのさえ成功すれば、あとは簡単です。
オーブンで50分、途中焦げないようにアルミホイルをかぶせて焼き上げます。
上も割れないし、ちゃんと膨らんで完璧。
焼き上がりにラップをかけてしっとり仕上げるのが好みです。
スフレタイプのはやはり冷やしてからいただきたいので、食べるのは夜かな。
今日のデザートは、コーヒーとチーズケーキに決定です♪

ミルクジャムサンド。

私が住んでいるところは、周りに結構山があります。
そのため、道の駅などに行くと、ファーム製品がとても多いのです。
おいしいハムやウインナーに交じって酪農製品も数多くあります。
牛乳やヨーグルトに交じって最近人気が高そうなのが、ミルクジャムです。
牛乳と砂糖を煮詰めて作ったカラメル色のミルクジャムは、優しい甘さでとてもパンに合うのです。
練乳とはもう少し違う味に、旦那さんが激はまり中。

それを知っていたので、先日お土産屋さんに寄った時に買ったんです。
「パンを焼いて食べようね」と言っていたのですが、その後も残暑が続き、パンを焼いてもすぐカビが生えるのでずっと焼かなかったんです。
すかし、最近涼しくなってきたのでパンを焼き、やっと出番がきたのです。
最初に娘の朝ごはんに出したのですが、娘はあまり好きではない、と。
ま、高い物だから好きと言われてガツガツ食べられても大変なんですけど(笑)

そして夕方。
仕事から帰って来た旦那さんのおやつに、パンに塗って出してみました。
薄く切ったパンの真ん中にミルクジャムを乗せて挟んでお皿にのせてはいどうぞ。
「うわ、これうっま~い」
そう、ミルクジャム大好きな旦那さんからは大絶賛をいただきました。
私のパンの力ではありません、ミルクジャムの力です。
でもなんだかちょっと誇らくなりますね。
自分の手柄のように感じられて嬉しいかも。

その時は、ご飯に差し支えるので2切れのみ。
でも、それが忘れられなかった旦那さん。
翌日の朝、食べたい、と。
最近朝ごはんを抜いてお腹をしっかり空かせるということをしているので食べないのですが、のんびりしたお休みには食べたくなるようです。
そこで、また自家製の食パンをスライスしてミルクジャムを挟んで2切れだしました。
サンドイッチ用の食パンくらいのサイズと厚さにしてあるので、食べ過ぎの心配はあまりないと思っています。
しかし、おいしかったのかおかわりの声。
結局また同じく2枚ぶん食べちゃいました。

「あ~、食べ過ぎた。お腹が空いて食べてるっていうより、口が欲しがって食べてる~」と嘆いておりましたが、まぁたまにはいいですよね。
これ以上食べすぎるとレッドカードが出そうでしたが、それを自覚しているのか旦那さんも自主的にストップしていました。
なんせ、この間無料保険相談をしにFPさんに話を聞きに行ったんですけど、なんと健康診断の値をみて「これだと審査が通らない保険会社がある」と言われてしまいました。
たかが健康診断と思って放っておいたのですが、まさかこんな話になるとは…。
なので少しは健康に気を使わないといけません。

といいつつもミルクジャムはあっという間に半分になってしまったのでまた道の駅に買いに行かなきゃね。

ネット注文

現在私は、日々の食材をいわゆる生協の個人宅配と週に1~2回のスーパーへの買い出しで済ませています。

知人などで、毎日スーパーに行くという人がいますが、結果的にそうすると必要ないものまで買ってしまったりするため、一度にある程度の食材を自分で揃え、「今週はこれだけで頑張る!」といったちょっとした自分への挑戦のような気持ちで1週間過ごしています。

私はもともとそんな性格ではなく、子供が生まれる前などはスーパーが冷蔵庫がわりというくらい毎日買い物に行っていましたが、その習慣をがらりと変えたは5年前から約3年間アメリカ生活を経験したからだと思っています。

NYだったのですが、なんせ日本人が多い場所なので日本食スーパーも色々とあり、週1回ほど買い出しに行けば納豆からお豆腐、魚など日本でおなじみの食材に、日本と同じ調味料も手に入りました。毎週たくさん買って自宅までデリバリーしてもらう日々でした。ですから私の約3年のアメリカ生活は食生活はほとんど和食で過ごすことができたのです。

毎日買い物に行くことが物理的に無理だったので、野菜なども週末のファーマーズマーケットで1週間分を買い、肉や魚は大きな冷凍庫に1か月分買い込んで保存しました。

結果的にこれが自分にとって合理的な方法であったため、帰国をした今でもデリバリーに頼り、買えなかったものやスーパーでしか手に入らないものだけたまに買に行くようにしています。

外国人の知り合いからは、「日本人は毎日買い物に行ってアリみたいだ」と言われたことがあります。とにかく毎日時間に追われて忙しい毎日を送っていて、ゆっくりぼーっとすることがない、帰国当初は日本人の私ですら、日本人ももっとゆっくり合理的な方法とればいいのにと思ったくらいです。でもそこが日本人らしくていいのかも。

おばあちゃん、大好き!

うちの二人の息子(5歳と1歳)は生まれながらに大変人懐っこい性格で、日ごろから通りすがりの人々にも手を振り、話しかけられたら臆せずに話し込んでしまうんです。
一見、とても明るい社交的な性格であると思うのですが、他人に無関心の日本文化の中にあっては時としてそういう子供たちの行動は驚かれることもあります。しかし、お年寄りの方(彼らにとっておばあちゃん世代)はいつも決まって愛想の良い息子たちを大変褒めてくださり、通りすがりであってもただでは帰れないくらい立ち話になってしまうくらいです。

今日も長男の病院に行った帰り、調剤薬局に寄ったのですが、じっと座って待つことができずウロウロと店舗の中を歩き回っている息子たちに、あるおばあちゃんが話しかけてくれて、買ったばかりのべっこう飴を開けてくれて、わざわざ息子たちにくれました。いつもはお行儀の悪い子供たちなのですが、こういう親切なおばあちゃんには子供心にも良い子でいなくては!と思うのでしょうか、自発的に「ありがとうございます!ぼく今度年長なんだ、こっちのは1歳。」と弟を紹介したりしていました。

母親の私もまたいつものが始まったか、と思っていましたが、息子たちと会話をしてくれているおばあちゃん方はいつも本当に嬉しそうで、子供が大好きで、賑やかでもうるさくても全然構わないといった感じなので、うちの子供たちでも少しでも話し相手になって喜んでもらえれば、といった気持ちでいつもいます。

なんでもそのおばあちゃんは、お孫さんが遠く関西の方にいるのでそれほどしょっちゅうは会えないそうで、息子たちを見ると早く会いたいわー!と思い出しているようでした。

お年寄と小さい子供の触れ合いの場ってもっと社会的にたくさんあってよいのではないかと思っています。

がっかりの結末

先日、大好きで毎週楽しみにしていた連続ドラマの最終回が放映されました。主演は最近人気が高いイケメン俳優で、内容は若い青年医師が代理母出産の陰謀に巻き込まれてしまうのですが、彼の真っ直ぐなまでの正義感で事件を解決し、命の尊さを騒動の当事者たちにも知らしめていくというものです。

初回から、息をのむほどのめまぐるしい展開のドラマで、久しぶりに続きが早く見たい!来週が待ち遠しい!と私自身もドロドロの内容に興味津々で1回も欠かすことなく見続けました。

先週その最終回があり、計画通り時間までに子供たちを寝かしつけ、さぁ!じっくり鑑賞するぞ!と意気込んで結末や謎だった部分は結局どおなったのか、本当にわくわくしていたのですが、1時間終わってみてがっくり。

最終回は、なにか急いでいる感じで今までの時間的流れがまったく踏襲されておらず、色々なシーンが割愛されている様子で、結局私がドラマをずっと見続けて、あれはどおなったんだろう、あの時のあれの意味はなんだったんだろう、というようないくつかの疑問はまったく解明されないままあっさりと終わってしまったのです。

久々にこんなにがっかりさせられるドラマをみました、私のこの2か月間はいったいなんだったのだろう…と気持ちが憂鬱になりました。

最近は、脚本が酷過ぎるドラマもよく話題にされていますよね、まだ調べていませんが、このドラマを見ていた人たちの中には絶対私と同意見の方々も多いのではと思っています。原作が大変有名で待望のドラマ化、映画化、といって期待してみたのに、まったく原作の意を継いでいないものがかなりあり、日本の脚本家の質が結構低いのかもしれないな、と最近思っています。

スマホをケータイに?

auのAndroidのアプリに、スマホをケータイ仕様にするかんたんメニューアプリなどというものがあるそうです。
スマートフォンは便利だけど、実はケータイの基本的な仕様(電話・メール・インターネット・カメラ等)のみで十分と言う人が続出しているのだそうです。

1ページ目の便利というアイコンをタップすると、ページが切り替わって電話帳・テレビ・電卓・赤外線などのアイコンが現れるようです。
その他のアプリは、2ページ目のその他のアイコンをタップすることで出てくるという仕組み。

私はiPhoneだし、このアプリは使えませんが…。
一つ言わせてもらうと、それならば見栄を張ってスマートフォンに変えなきゃ良かったのに!(笑)
私は変更してからも問題なく使えてますし、アプリの機能ごとにフォルダ分けをしているので、画面がゴチャゴチャすることもありません。
むしろ、以前の方が画面に関しては分かりにくかった気がします。

でも、このアプリはシニア層だけではなく、20代の方にも非常に人気があって、多数ダウンロードされているそうです。
意外な結果だと思いました。
若い人でも結構整理しきれなくて、戸惑っているのですね。

面白いデータとしては、シニア層にはフィーチャーフォンよりもスマートフォンの方が人気が高いということです。
操作性は以前よりもずっと簡単だからみたいですね。
ただ、アプリでゴチャゴチャすると使いにくいから、かんたんメニューアプリがあると使いやすくなるのだそうです。

なるほど、使いやすいことがスマートフォンの醍醐味ですものね。
これもある意味自分流のカスタマイズということでしょうか?
それなら、母のケータイもスマホに変更した方がいいかもしれません。
かんたんケータイなのに四苦八苦しているので(笑)。

余談ですが、最近、新しい車を買おうと思っています。
ただ、車の種類がよくわからないので決めかねてます。
主人はエルグランドがいいと言ってます。
母がスマホに四苦八苦してるように、私は車に四苦八苦してます。

二男のための日

うちにはもうすぐ2歳になる二男がいるのですが、今まで生活のほとんどがお兄ちゃんに合わせる日々で、二男メインの外出などまだ一度もしたことがありませんでした。
最近はちょこちょことお話しもできたり、物の理解も随分できている様子で、最近の一番のお気に入りはアンパンマン。アンパンマンは長男も1~2歳のころにとおってきた道です。

横浜にアンパンマンこどもミュージアムというテーマパークがあり、以前長男のために2日ほど行ったことがあります。もうお兄ちゃんは半分照れくさい時期に差し掛かっていますが、今の二男の時期には完全にストライクの場所なので、どんな反応を示すかも含め、期待しはりきって家族で出かけることにしました。

到着後、エントランスに着いた二男はいつもと出かけた先の景色が違うこと、目の前に大好きなアンパンマンがたくさんいることに驚き、奇声をあげて大興奮していました。子供の意向はそっちのけで大人たちは記念写真に没頭し、到着早々子供たちに嫌がられてしまいましたが、きぐるみのコンサートショーやたくさんのバルーンの山、可愛いキャラクターのおにぎりやパンにも大満足、そして館内でひとしきり遊び倒し、いろいろな人に愛想をふりまき続け、上機嫌のまま滞在時間は過ぎていきました。

1歳10か月、まだ何でも信じて先入観がない時期ですが、この手のテーマパークはどんぴしゃでささるタイミングは本当に短期間で限られているので、うちに二男についてはこの日に連れて行ってあげて本当に良かったと思っています。

長男の方は、実はアンパンマンが大好きなのですが、5歳にもなると色々とテレもでてくるため、きぐるみに向かって「ねぇ、空とべないでしょ。しってるよー!」などとKY発言を繰り返したりしていました。でも、帰りにちゃっかり風船を欲しがった姿はかわいく思えました。

久しぶりの遠出

我が家の週末は、いつもきまって長男が最初に起床し、大好きな戦隊モノの番組をリアルタイムで鑑賞しています。その次に私と二男が起床し、夫は平日の睡眠不足を解消すべく子供たちに叩き起こされるまでひたすら寝続けています。

そんな昨日の日曜日、最近週末は悪天候がほとんどであったため、今日とばかりにはりきった長男が夫を叩き起こしました。「おとうさん!今日は車で絶対お出かけしようよ!遠くに行こう!トーマスランド!!」

トーマスランドは静岡県の富士急ハイランドにあるきかんしゃトーマスの乗り物がたくさんある遊園地です。高速でいけば日帰りも可能なのですが、息子が言い出した時間が午前10時、さすがに今からの時間で日帰りはむりなので息子を何とか説得しました。さて、どうしようか…いつものように自転車を借りれる駒沢公園や代々木公園などにしようか、しばらく迷っていましたが、急に私が横浜にしよう!と提案しました。

横浜のとあるテーマパークにいったのですが、子供たちは完全に楽しんでいましたが私は久々に遠出した興奮と、現場でまだちょろちょろする二男を世話しながらで途中から完全に疲れてしまい、普段絶対に夫が運転中の車では眠らない私ですが、帰りの車の中ですぐに眠りに落ちてしまいました。

帰ってからも、子供たちをお風呂に入れたりする気力もなく、眠ったままの子供たちを夫と一緒に必死に抱えて駐車場から部屋へ戻りました。

夫の方もぐったりしており、すぐに大人たちはお風呂に順番に入り午後9時半には家族4人全員就寝しました。

布団に入ったとき、(今日は夕飯を外で済ませて来れて本当によかった…)と心の底から思いました。ちょっと遠くまで出かけただけでここまでへとへととは私も年を取ったもんだなーと少し悲しくなりましたが楽しかったことを思い出しながら気持ちよく就寝できました。